MENU

歯周病

歯周病

TOP > 歯周病

歯周病治療
~いつまでも自分の歯で咬むために~

歯周病治療

日本人が歯を失う原因の第1位が「歯周病」です。人生の最後まで、おいしい食事を自分の歯でしっかり咬んで楽しむためには、歯周病を早期発見・早期コントロールすることが大切です。

大分市明野の歯科医院「とも歯科クリニック」では、歯周病を改善するとともに治療後のメインテナンスにも力を入れ、患者さんが今後歯を失うことのないようサポートしていきます。
治療内容についても、院内に設置したカウンセリングルームでしっかりご説明いたします。

 

歯周病セルフチェック

歯周病は「静かなる病気」とも呼ばれており、自覚症状がないままゆっくりと進行することが特徴です。歯周病のサインをキャッチして、早めの受診を心がけましょう。

ブラッシングのとき、または何もしていないときでも、
歯茎から出血することがある
硬い物が咬みにくく、歯が痛む
水を飲むと歯や歯茎がしみる 朝起きたとき、口の中がネバネバして不快感がある
以前より歯茎が下がって歯が長くなったように見える 口臭が気になる
歯茎が赤く腫れている 歯が浮いているように感じる
歯茎から膿が出る 歯がグラグラする
歯の隙間に食べ物がよく挟まる
  • ブラッシングのとき、または何もしていないときでも、
    歯茎から出血することがある
  • 硬い物が咬みにくく、歯が痛む
  • 水を飲むと歯や歯茎がしみる
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバして不快感がある
  • 以前より歯茎が下がって歯が長くなったように見える
  • 口臭が気になる
  • 歯茎が赤く腫れている
  • 歯が浮いているように感じる
  • 歯茎から膿が出る
  • 歯がグラグラする
  • 歯の隙間に食べ物がよく挟まる

歯周病とは

健康な歯茎
健康な歯茎
重度歯周炎
重度歯周炎

むし歯は、目に見える部分が侵される病気ですが、歯周病の場合は、お口全体が侵される病気になります。その原因となるのが、プラークに潜む歯周病菌です。
歯周病菌が産生する毒素が歯茎を腫らし、血や膿を出したり歯の周りの骨を溶かしたりして、最後には支えを失った歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病検査の流れ

当院では、患者さんのお口の状況に合わせた診断シートを作成し、それを元に治療していきます。
また、毎回同じ歯科衛生士がご担当させていただきますので安心して治療が受けられます。

  • 1.問診
    まずは、皆様のお話をお聞かせいただき、現在の現状を把握していきます。

  • 2.口腔内写真撮影
    お口の中の状態を写真に撮ります。

  • 3.レントゲン撮影診察
    各種レントゲンを使用して診察を行います。

  • 4.歯周組織検査
    プラーク付着の状態や、歯茎からの出血、ポケットの深さ、歯の動き等を調べます。

  • 5.デンタルテンによる口腔内の診断シート作成
    1~4までの資料をもとに、担当のドクターと歯科衛生士が患者さんごとに、お口の中の状態のシートを作成します。この情報をもとに、説明・カウンセリングをさせていただきます。

  • 6.治療開始
    患者さんに合った治療を開始していきます。

 

歯周病の治療と流れ(基本的な歯周病治療について)

治療(診断シートによって)

  • スケーリング、ブラッシング指導(ホームケア)、生活習慣指導の三点を行っていき治療後、再評価します。
  • ポケットが深い部分は、麻酔を使って、ハンドスケーラーと呼ばれる専用の器具で歯肉縁下のプラークや歯石を除去し、再評価します。
  • 歯周病症状の改善の度合いによっては必要があれば歯周外科治療、もしくは保険適用外の再生療法の治療を致します。
定期的なメインテナンスが歯周病の再発を防ぎます!

定期的なメインテナンスが歯周病の再発を防ぎます!

感染症である歯周病は、再発のリスクが非常に高い病気です。「治療が完了したら通院も終わり」と考えず、定期的なメインテナンスで再発防止に努めましょう。

歯周病予防には

当院のメインテナンスでは、歯周病の検査のほか、患者さん一人ひとりの状況に合った予防処置や、口腔内のクリーニングを実施しています。同時にブラッシングの指導や生活習慣・食生活へのアドバイスも行っています。歯の健康を維持するため、私たちと一緒に頑張りましょう!

診療について

小児歯科

歯周病

入れ歯(義歯)・インプラント

予防歯科

審美・ホワイトニング

診療について

小児歯科

歯周病

入れ歯(義歯)・インプラント

予防歯科

審美・ホワイトニング

go_top